1. HOME
  2. 過去の講演会

講演会のお知らせ

全国講演会キャラバンin札幌
特別講師
植松 努(うえまつ つとむ)氏

植松 努(うえまつ つとむ)氏 プロフィール

株式会社植松電機 専務取締役
株式会社カムイスペースワークス代表取締役


1966年 北海道芦別生まれ。 子供のころから紙飛行機が好きで宇宙にあこがれ大学で流体力学を学び、名古屋で航空機設計を手がける会社に入社。
1994年 実家のある北海道へ戻る。 父(植松清)が経営する植松電機へ。産業廃棄物からの除鉄、選鉄に使う電磁石の開発製作に成功。
2004年6月 カムイ式ロケットの研究を進めていた北海道大学大学院の永田教授に出会う。植松電機でロケット研究を全面支援することを約束
2004年10月 宇宙のことを楽しく学ぶ子供たちのためのスペースキャンプを企画実現。
2005年6月 植松電機敷地内に無重力実験施設完成
2005年7月 青年版国民栄誉賞「人間力大賞グランプリ」を受賞
2006年9月 人工衛星「HIT-SAT(ヒットサット)」の研究に携わり打ち上げ成功。
2007年8月 カムイロケット打ち上げ実験で高度3500メートル達成。
以下の4つの宇宙開発を軸に研究開発を進めている。
「ロケットの開発」
「微少重力の実験」(宇宙空間と同じ無重力状態を作り出す事ができる)
「小型の人工衛星の開発」
「アメリカ民間宇宙開発企業との協同事業」
現在は全国で企業研修や講演活動をしながら、北海道経済産業局の理科実験教室プロジェクトの特別講師として小学校へ伺いロケット教室を行っている。

講師
山本重雄氏

山本 重雄氏 プロフィール

株式会社エスワイフード 代表取締役社長


1957年生まれ。高校卒業後、海上自衛隊、居酒屋店長を経て27年前に「串かつやきとりのやまちゃん」として第1号店を出店。その後「世界の山ちゃん」での出店を重ね、名古屋・東京・神奈川・札幌・熊本と全国56店舗を数える。
「立派な変人たれ!」を合言葉に、ユニークで面白いこと、変化していくことにこだわった経営スタイルを構築中。只今、全国講演行脚中!!
世界の山ちゃん伝説(幻冬舎メディアコンサルティング出版・\1365)好評発売中。

デビュー講師
森

森 プロフィール

株式会社エスワイフード グループ長


1963年6月生まれ B型
中学卒業後、札幌市内の料亭に入社、長く料理業界より離れ多数の業種を経て深夜番組で山ちゃんと出会い、現在4年、特殊役職のグループ長として札幌だけではなく、熊本、広島も含め未来開発部として日々、勉強中の毎日です。

講演の模様
板前の修業時代から色んな仕事を経て、山ちゃんに入社するまでのエピソードやエスワイフード愛、社長愛で札幌のグループ長に至るまでのお話をして頂きました。
板前の修業時代から色んな仕事を経て、山ちゃんに入社するまでのエピソードやエスワイフード愛、社長愛で札幌のグループ長に至るまでのお話をして頂きました。
板前の修業時代から色んな仕事を経て、山ちゃんに入社するまでのエピソードやエスワイフード愛、社長愛で札幌のグループ長に至るまでのお話をして頂きました。
板前の修業時代から色んな仕事を経て、山ちゃんに入社するまでのエピソードやエスワイフード愛、社長愛で札幌のグループ長に至るまでのお話をして頂きました。
植松努氏の講演です。
植松努氏の講演です。
「思うは招く」「夢があればなんでも出来る」についてお話しされました。
「思うは招く」「夢があればなんでも出来る」についてお話しされました。
小学生の時は潜水艦に乗って世界を回る夢についてと、紙飛行機好きから宇宙に憧れなんとNASAと協力して人工衛星を打ち上げたお話をして頂きました。
小学生の時は潜水艦に乗って世界を回る夢についてと、紙飛行機好きから宇宙に憧れなんとNASAと協力して人工衛星を打ち上げたお話をして頂きました。
講演ありがとうございました。
講演ありがとうございました。
参加者の感想
山本社長の「1億円稼ぐ!」植松氏の「思うは招く」の話しに共通することは、「夢・野望を持って努力すれば可能性が広がる」ということ、大変勉強になりました。
森グループ長の中での“声を出さないと、人に伝えられない”という言葉が印象に残りました。
山本社長の中では、学ぶことは真似ることであるが、そこに自分自身のアレンジをする重要性と、立派な変人という理念が勉強になりました。
植松先生の中では、子どもの教育について、一人の父親とし大変刺激になる話しを頂きました。
私にとって、一生忘れることの出来ない講演でした。
本日はありがとうございました。
「夢」「知恵」「工夫」等、人間が本来持っている普通の可能性や活動能力を改めて思い出させてくれる素晴らしい内容でした。
何よりも「物語」ではなく「実践」で「チャレンジ」をしている姿に共感出来た。
いくつかのキーワードも大変参考になりました。
「思うは招く」とても深い言葉でした。
今まであきらめてきたこともいっぱいあったので、これからはどうやったら出来るのか考えていきたいです。
とてもステキな話でした。
ありがとうございました。

過去の講演会レポート